いりまめ 『めもりい』

気になることがあったらどんどん書いていこうかと思っています。 アニメ・ゲームなどの軽いものから、 政治・ニュースなどの重いものまで何でも書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

規制

今から書く事は、少々過激であり、18歳以下の方には適さない内容を含みます。
・・・と、普通なら警告する可能性が高いものですが、
私はあえて、18歳以下の方にも見ていただきたいと思っています。

昨年、とある2006年に発売されたアダルトゲームが問題になり、
最終的にはその存在自体をほぼ抹消される結果となりました。
タイトルや詳しい内容は、ここに書くと、それこそ規制対象となり、
一応、FC2ブログを使わせていただいている以上、
書くことができませんし、内容が特別大事なわけでもないので、割愛させていただきます。

しかし、完全に内容を書かないのも、私が言いたい事を言えないので、
上手くオブラートに包んで書きますと、
『女性を復讐のために痴漢、強姦する』というものです。
・・・オブラートに包んでますが、大丈夫でしょうか?
まあ、海外ドラマなんかでは、よくある表現?ですし、大丈夫でしょう。

上記の内容を見ますと、規制、発禁されるのは当然と思われる方も多いと思いますが、
私は、この規制が、行き過ぎていると、思っています。


その規制の発端は、イギリス。

イギリスのamazonのマーケットプレイス(出品者から買う所)に、
このゲームの海賊版が売られていたのです。
そして、このようなゲームが売られている事を知ったイギリスの国会議員が、
「このようなゲームの購入は、誰であろうと許されるものではない」と発言。
更にアメリカの人権団体が、日本政府に対し抗議。
それが、日本のニュースで流れる事により、日本国内でも問題となり、
ソフ倫と呼ばれる、アダルトゲームなどの規制をしている組織により、
このジャンルの規制基準が見直されました。
それにより、このゲームは実質販売禁止。他のゲームにも多大な影響を与えました。

さて、ここまで読んだ方は、この流れがおかしいと思われますか?
それとも、正しいと思われますか?

わたしは、どちらも正解だと思います。

まず、おかしい部分としては、
『海外に言われて初めて規制するのか?』
『他の国の文化・風俗にまで口出しするのか?』という点で、
正しい部分としては、
『現在の一般的な倫理観なら当然』という点でしょう。

まず、おかしい部分ですが、両方とも、とある一件に似ています。
そう、赤犬の話です。
ソウルオリンピックの際、海外からの強い批判を浴びて、
表通りから、赤犬料理が消えました。
これは、犬を食べるという行為が、韓国の伝統であるにもかかわらず、
海外(特にヨーロッパ)が『野蛮』『非人道的』『かわいそう』等の理由で、
猛烈にバッシングをしたためです。
しかし、考えてみれば、牛や豚、鳥など、
人間は様々な生物を殺して食べているというのに、
愛玩動物のイメージが強い犬を食べるのはおかしいというのです。

以前私は、友人に『ウーパールーパーを食べる動画』を見せられた事があります。
友人二人は、「グロい」「かわいそう」「うわぁ・・・」などを連呼していました。
私も、かわいそうだと思います。
でも、その感情は、牛や豚、カニや魚、虫に対してもおこるもので、
主にペットである、ウーパールーパーだからというわけではありません。
おそらく友人二人もヨーロッパの人も、韓国人も、
生物が命を奪われる瞬間を見れば、同じように感じると思います。
でも、ヨーロッパの人は、目の前の赤犬のみを批判しました。
この批判はつまり、
「私は動植物、すべての生命を奪わず、何も口に入れずに生きていく」
と言っていることにすら気付かずに・・・。

話が少しそれましたが、つまりは、今回の事も、
目の前しか見ないで、他の大切な事を見ていない行為であると言えるのです。

強姦が18禁でもだめだというのは、
非人道的であり、マネをする人が現れるのを防ぐなどの理由からでしょう。
ならば、非人道的である、『人が死ぬ』描写の有る作品はすべて規制せねばなりません。
暴力映画はもちろん、刑事・探偵ものや、一部のドラマ、
ドラゴンボールなどのアニメ、子供向けであるにもかかわらず、
多くの人が死ぬウルトラマンなどの特撮物はもってのほかでしょう。

他に、過激な昼ドラや、深夜(モノによってはゴールデンの)バラエティ、
デッドボールの有る野球や、けが人が出る事も多いサッカーやラグビー等のスポーツ、
歌詞の内容によっては、往年の名曲も規制されるでしょう。
少々こじつけっぽい所もありますが、つまりは、
“どんなものでも規制しようと思えば規制できる”という事です。

私は以前から、規制はほぼ必要の無いものだと考えています。
そりゃあ、真昼間からアダルトものや、グロものを放送されれば、
気分が悪いですし、ふさわしくないとも思いますが、
そこら辺はそれこそ“常識”で何とかなります。

私が言いたいのは、「逃げるな!」という事です。

小さな子供にいくら規制をかけても、インターネットをはじめ、
様々な情報に溢れる今の世の中では、隠し通すことなど出来ず、
かえって、自ら手に入れた、『間違った知識』を信じてしまいかねません。(現に私もそうでした)
子供を導くべき大人がやる事は、『隠す』事ではなく、『教える』事です。
隠すのは簡単ですが、しっかりと教えてあげるのは、とても難しい事です。
いま、大人は、いろいろと都合の良い言葉ばかりを並べて、
簡単な方へ逃げようとしています。

つらい道であっても、逃げずに進めば、いずれは規制などは必要無くなるはずです。

私は今年で19歳。

もうすぐ自分が“大人”になります。

スポンサーサイト

PageTop

時間

最近、SVRでの、プロレスごっこが出来ません。

基本、人が集まるのは夜なのですが、
ここのところ、サッカー・ワールドカップを見ているので、
夜は時間がとれません。

SVRとサッカー・・・。

どちらもやりたいのですが、
どうしても、ワールドカップを優先してしまします。

プロレスとサッカーだと、プロレスの方が好きなのですが、
やはり、4年に1度のワールドカップとなると、
こっちが見たいなあとw

私がサッカー(というか、GK)を始めるきっかけは、
日韓共催大会のオリバー・カーン選手(と、キャプテン翼の若林源三)でした。

そういう思い出もあるので、やっぱり、
ワールドカップは特別な感じがします。

しばらくSVRが出来ませんが、顔を見せた時はよろしく!
(腕がなまってそうで怖いが・・・)
昼間なら出来るときがあるので、その時もよろしく!



・・・って、すごくピンポイントの人向けの記事になってる気が・・・。

PageTop

ウイイレのプレイ動画

プレイ動画を作っている(作りたい)と以前書きましたが、
現在ニコニコ動画で、ウイイレのプレイ動画を作っています。

実は、今週のはじめには、もう始めていたのですが、
自分自身、手探りだった事と、半分見切り発車だった事、
内容が後からみると(作っている間も感じてはいたが)つまらな(はずかし)く、
小学校の時に、面白いと思って書いた小説を、
今一度読んでいるような感じさえしたので、
ここで「こんなのを作りました」と、発表?する気になれませんでした。

ですが、第5話あたりから、方向性が固まってきて、
今なら見せても大丈夫かなぁと、思うようになったのです。
(まあ、顔から火が出るほど恥ずかしいですが・・・w)

下のが作った動画、
キャプテン森崎の挑戦シリーズです。

【ウイイレ】キャプテン森崎の挑戦『第1話 開幕』
【ウイイレ】キャプテン森崎の挑戦『第2話 慢心』
【ウイイレ】キャプテン森崎の挑戦『第3話 上昇気流?』
【ウイイレ】キャプテン森崎の挑戦『第4話 ハジメテの紙芝居』
【ウイイレ】キャプテン森崎の挑戦『第5話 早過ぎる終焉』
【ウイイレ】キャプテン森崎の挑戦『第6話 動画センスを俺にくれェ!!』

見てみると分かりますが、
だいたい、開始5秒で見る気が無くなると思いますw

4話以降の紙芝居も、本人のノリで作っているので、
事前にネタを考えているわけではなく、結構滅茶苦茶です。

見て下さるお優しい方がおられましたら、
よろしくお願いいたしますw

PageTop

アジャコング

先日、Jスポーツで放送中の、
WWEヴィンテージコレクションに、アジャコングが出ていました。

アジャコングの試合を見るのは初めてだったのですが、
上手く客を煽って、ブーイングをもらっていました。
加減しているのか、レスリングは上手いとは思いませんでしたが、
盛り上げ方は上手かったように思います。

最後はピンフォールを奪っていました。

あの頃は(今も?)、日本というのは、
(少なくともレスラー間では)一つのブランドだったように思えますし、
プロレスの試合自体は、はるかに日本が勝っていたようにも思います。

しかし、現在は、
アメリカ本来の『ショー』と、
日本のような『プロレス』を合わせる事により、
派手でありながら、基礎もしっかりとした、
大人気のエンターテイメントとなったアメリカプロレスと、
過去に固執し、古い体制から抜けきれず、
『ショー』になりきる事が出来ず、
『プロレス』の面白さも、アメリカにどんどんと差を縮められ、
今や、一部のファンのみに支えられるようになってしまった日本の差は歴然です。

古き良きものを大切にするのも必要ですが、
新しい事をどんどん取り入れていくのも必要です。

昔を捨てろとは言いません。

昔と今を融合させてほしいのです。

一度、この両の眼(まなこ)で、
日本マットの黄金期を見てみたいものです。

PageTop

6月7日の試合結果

第1試合 タッグマッチ
(azさん)×ザ・グレートカブキ    ショーン・マイケルズ○(私)
 (マリナーさん)グレートコジ VS トミー・ドリーマー(コスモスさん)
 ドリーマーDDTからスイートチンミュージック

第2試合 シングルマッチ
(コスモスさん)△cosmos VS Trombe△(私)
 ダブルリングアウトで引き分け

第3試合 シングルマッチ
(私)×いりまめ VS マリネリス・コング○(マリナーさん)
 ラリアット

第4試合 フォールズ・カウント・エニウェアマッチ
(私)○クリスチャン VS マイク・ノックス×(コスモスさん)
 キルスイッチ

PageTop

なんとなく好きなタイタントロン

レガシー・タイタントロン

上記のリンク先にある、
WWEのテッド・デビアシ&コーディ・ローズのタイタントロンを、妙に気に入っています。

特に、デビアシJrから、ミリオンダラーマンに切り替わる所が好きです。

しかし、WWEって、トロンとかPVとか作るのが上手いですよね。
日本もこんぐらいかっこよく出来ないかな?
(新日しかり、K-1しかり、ボクシングしかり。)

やっぱりアメリカは、ショービジネスの国ですね!

PageTop

動画テスト

動画アップのテストをしました。
内容は、キン肉万太郎VSテリー・ザ・キッドの、
プレイヤーVSCPU戦です。



諸事情により、夜、元動画が撮れないため、
いまのところ、オンライン対戦は動画に出来ません。

なので、昼間の空いている時に、
他のゲームの動画とかを作ると思います。

SvRも作れるようになるといいなァ・・・。

PageTop

6月3日の試合結果

第1試合 タッグマッチ
       (私)○Trombe    コスモス(コスモスさん)
(ろっくさん)J.J.ジョッパー VS ザ・マリナー(マリナーさん)
 Trombe!!で決着



昨日は1試合が行われました。

その一試合はオリキャラタッグマッチ!

試合は、空中技と打撃技で攻めるコスモス&マリナーと、
JJJとスープレックス系で攻めるトロンベの攻防となりました。

コスモスの強烈なニーと、マリナーの変幻自在の攻撃に苦戦するJJJとトロンベ。
それに対して、トロンベは豪快なスープレックスで対抗する。

途中、トロンベは場外でザ・マリナーにジャーマンを敢行する。

そして、リング内でも、Tボーンスープレックス、ブレーンバスター、
そして、ノーザンライトスープレックスホールドと、
スープレックスで攻め込む。

終盤、ザ・マリナーは、必殺のロックボトムからのファイヤーバード。
しかし、決まらず、今度はトロンベのTrombe!!。
だが、これも決まらず、今度はマリナーがムーンサルトアタックへ。
ここからライオンサルトが決まればマリンスペシャルと言う所で、
マリナーは力尽き、倒れてしまう。
すると、気合いで起き上がってきたトロンベが、マリナーを担ぎあげると、
今日2度目のTrombe!!をマリナーに決める!

これでついにマリナーは起き上がれず、
場外のJJJを攻撃することに集中していたため、
コスモスのカットも遅れ、
トロンベ&J.J.ジョッパー組が勝利したのでした。



昨日はたったの1試合でしたが、とても楽しかったです。
オリキャラ抗争、良いですね~。

そのうち、オリキャラ同士でキングオブザリング決定戦とかやってみたいですw
(タッグトーナメントとか、仮想タイトルマッチとかも面白いかもw)

しかし、ふと思ったのですが、オリキャラの中に、
アメプロらしい姑息ヒールがいないような気がしました。

マリネリス・コングはヒールだけれども、タイプ的には、
ブロック・レスナーやビッグ・ショー、
アンドレ・ザ・ジャイアントのような、怪物・最強ヒールだし、
黒マリナーは、手加減なしの本気バージョンみたいなもんで、
多少は荒いけれど、卑怯な事はしません。

と、なれば・・・、

超姑息・小物ヒール、いりまめを作るしかないじゃありませんか!

危なくなったらすぐ逃げて、
ばれないように凶器・急所攻撃をし、
有利な時ばかり勝ち誇り、
タッグの時は美味しい所だけ持っていこうとする、
そんな、超小物を作るしかないじゃァありませんか!

まず作ったら、マリネリス・コングを買収せねばw

というわけで、そのうちに現れるかも知れない男、
いりまめにご期待下さいw

 コスモスさん
 マリナーさん
 ろっくさん
 
 ありがとうございました!

PageTop

ヨシ・タツで奇跡の炎よ燃えあがれ!

ニコニコ動画にMADをアップしました。

ヨシ・タツで奇跡の炎よ燃えあがれ!



この動画は、わりと前に作っていたのですが、
アップする機会を逸してしまい、
今日、やっとアップする事が出来ました。

個人的には、ヨシ・タツと燃えるアニソンは、
とても合う気がします。

個人的には、前に作った、
ヨシ・タツでHUSTLE MUSCLEの方が、
出来が良いかな~と、思っております。

実は、今日、もう一つ新しく作ったのですが、
ちょっとイマイチかな~という感じもするので、
公開するとすれば、もうちょっと、様子見をしてからになりそうです。





ちなみに、観てみた感想なんかをくれると、嬉しいです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。