いりまめ 『めもりい』

気になることがあったらどんどん書いていこうかと思っています。 アニメ・ゲームなどの軽いものから、 政治・ニュースなどの重いものまで何でも書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

5月7日の試合結果

第1試合 DIVAシングルマッチ
(ken23j[チン助]さん)○永谷園 VS マリース×(私)
 オクラホマロールでピン

第2試合 タッグマッチ
     (私) ヨシ・タツ   ”黒天使”沼澤邪鬼×(ken23j[チン助]さん)
(マリナーさん)○ヨシ・タツ VS ザ・グレート・カブキ(az4sightさん)
 ハイキックでピン

第3試合 シングルマッチ
(az4sightさん)○長州 力 VS クリス・ジェリコ×(私)
 サソリ固め(スコーピオン・デスロック)でのタップアウト

第4試合 タッグマッチ
          (私)×ショーン・マイケルズ   蝶野 正洋(ろっくさん)
(ニシキスラッシャーさん)×アンダーテイカー VS スーパーストロングマシン(az4sightさん)
 パートナーがリング内に5カウント以上残っていたため、反則(DQ)負け

第5試合 タッグマッチ(リマッチ)
         (私)ショーン・マイケルズ   蝶野 正洋(ろっくさん)
(ニシキスラッシャーさん)○アンダーテイカー VS スーパーストロングマシン×(az4sightさん)
 ラストライドからのピン

第6試合 シングルwithマネージャーマッチ
(az4sightさん)○藤波 辰爾 VS ザ・ロック×(ニシキスラッシャーさん)
                 ビンス・マクマホン[マネージャー](私)
 ドラゴンスリーパーによるタップアウト

第7試合 シングルマッチ
(私)×クリス・ジェリコ VS ジョン・モリソン○(ニシキスラッシャーさん)
 スターシップペインによるフォール




昨日は充実の7試合でございました。

第1試合はチン助さんとのDIVAマッチ!

私は基本DIVAを使わないのですが、
チン助さんが○○紳士ということで、
DIVAマッチをしたわけでございます(意味不明)

さて、このチン助さんの永谷園というDIVA、
いろんな意味ですごいです。いろんな意味で。

チン助さんに記事にしていいか聞いてみたところ、
快く「いいですよ」と言って下さいましたが、
それでもちょっとためらってしまいます(性的な意味で)

まあ、R12指定かな?R指定のDIVAですね!
きっとヒールになって鬼の形相でスピアーかませば、
WWEチャンプになれます。

……えー、話が大きく脱線しましたが、
この永谷園、まず、コスチュームが永谷園カラーで、
ペイントツールを使った柄だと思うのですが、
かなり頑張っていると思います。
ペイントツール、一回だけ使いましたが、
非常に面倒臭くて、私はもう使いたくありません。

……また脱線。

まあ、とにかく、この試合は永谷園のヒップドロップ等で痛めつけられた後、
オクラホマロールで丸めこまれて決まりました。

第2試合はダブルヨシ・タツsと邪鬼とカブキの怪奇派タッグの対決。
よく考えれば分裂したヨシこそ最も『怪奇』な気もするが…。

試合は怪奇派タッグがまさかのクリーンファイトで好試合に。
とは言っても、イス攻撃はしてるし、クリーンじゃないかな?
邪鬼はイスを使ったライオンサルトもしてるからクリーンな気も…。(意味不明)

リング上では両者フィニッシャーやシグネチャーは使わず、
ワリと静かな展開の試合に。

最後はリング外でいりまめヨシ・タツがカブキにハイキック!
そしてリング内でもマリナーヨシ・タツが邪鬼にハイキック!
そのまま邪鬼がフォールされ、試合はヨシ・タツが制したのでした。

第3試合は、長州力対ジェリコの試合!

試合中盤、おもむろにジェリコは長州にウォールオブジェリコを仕掛ける!
しかし、耐え抜き跳ね返すリキ!
今度はこっちだとばかりに、今度は長州がサソリ固めを掛ける!
今度はジェリコがそれを返す!
更にジェリコはウォールを仕掛けるが、やはり長州に返される!

そんなアツい必殺の関節技合戦のあと、試合は長州力のペースに。

しかし、リキラリアットに行こうとした長州がロープに走ると、
ジェリコはコードブリーカーで迎撃する!
そのままフォールするジェリコ!
しかし、リキはスリーカウントを許さない!

しかし、倒れて動けなくなっている長州の横で、
ジェリコは片腕を上げ悦に入る。

しかし、そんなジェリコの油断に漬け込み、長州力は反撃を開始。

そのパワーでジェリコをねじ伏せると、必殺のリキラリアット!
それをジェリコはかろうじてツーで返す。

しかし、ジェリコの抵抗もここまで。
長州力はジェリコの足をとると、そのままサソリ固めへ!
ここで実況のJRが、「シャープシューター!」と、痛恨の実況ミス!
そんな事を言ってるから、ビンスに必要無い的な事をいわr(ry

ジェリコはサソリ固めに耐え切れずにタップアウト。
サソリ固めとウォールオブジェリコの対決は、
サソリ固めの勝利によって幕を閉じたのでした。

第4試合はHBKとテイカーのタッグと蝶野とSSマシンのレジェンドタッグ対決!
だったのですが、この試合、私がとんでもないミスを…。

詳しく書きますと、テイカーとタッチした後、
うつぶせに倒れている相手に対して、
コーナーに登る『試合権の有る』テイカーを発見。
HBKで相手を立たせてやろうと思い、相手を起こした…ここまではいい。
だが、私は気付いていなかったのだ、レフェリーが死のカウントを数えている事に…。

テイカーがダイビングクローズラインを決め、私がリングに戻ろうとした時、
「ファイブ!」「カンカンカーーーン」「(豆)はいィィィ!?」

ってな具合で、見事5カウント、反則負けになってしまったのでした…。
いや、ホンットに申し訳ないです。ハイ。

てな訳で、これじゃあレジェンドタッグを終わらせられないという事で、
リマッチをする事に。
それがこの第5試合です。

この試合、前半から後半まで、ほぼすべて忘れてしまいました…。
途中でSSマシンと蝶野のコーナータッグムーブで、
蝶野が喧嘩キックをかましたのですが、
そこが本当に蝶野らしくてよかった。(試合見たことないんだけどね!)

最後は、場外でHBKファンフェイバリットでゲージをためて、
リング内でテイカーがラストライドを決め、
リング外では蝶野がフルネルソンに捕まってカットに行けず、
SSマシンがテイカーからピンをとられたのでした。

第6試合は藤波とロックの対決を観戦させていただきました。

試合中にろっくさん(フレンドの方ね)がチャットルームに戻ってきまして、
「いまのカード何?」と聞いてきたので、
「藤波とザ・ロックです」と答えたら、
「藤波だったら天龍の方がいいのに」と、KY発言。
本当にろっくはKYだわ。
(この元ネタは過去ログ参照……出来ないかw)

というしょうもないネタは置いておいて、試合の方はと言いますと、
ロックはロックボトムを決めても勝てず、
藤波も負けじとドラゴンスープレックスを決めるもロープブレイク。

最後はドラゴンスリーパーでギブアップをとり、藤波の勝利。

最後の試合はジェリコとモリソンのWWE対決。

序盤、ジェリコは真正面から向き合わず、
リングを降りるなどして相手をじらす。

途中モリソンが場外のジェリコに向かって、
ロープを使ったヘッドシザース(ハリケーンラナ?)

終盤、ジェリコはコードブリーカーを決める。
しかし、モリソンはカウントスリーを許さず、
ジェリコはそれに驚き、跪いて待ってくれと懇願する。
しかし、もちろんモリソンはそれを許す訳もなく、
ジェリコはリング外へと逃走。
それをモリソンはロープを使い、逃げるジェリコに飛びつき、ラナを決める!

その後、ジェリコに数撃加えたモリソンは、ジェリコをリングに寝かせると、
コーナーに登り、スターシップペイン!

スリーカウントが入り、モリソンが勝利するのでした。



昨日から徹夜をしていて、多少朦朧とした頭でこれを書いているので、
はっきり言って、ところどころ間違っていると思います。

昨日は新しい仲間として、ニシキスラッシャーさんがいらっしゃいました。
メンバーが増えるっていうのは本当にいい事ですね。
しかも、今年に入ってからWWEをまた見るようになったとのことなので、
個人的にも非常に嬉しいです。

では、眠いので今日はこのくらいで。

明日こそ、Trombeデビューなるのか!?


 az4sightさん
 ken23j[チン助]さん
 ニシキスラッシャーさん
 マリナーさん
 ろっくさん
 ありがとうございました!
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。