いりまめ 『めもりい』

気になることがあったらどんどん書いていこうかと思っています。 アニメ・ゲームなどの軽いものから、 政治・ニュースなどの重いものまで何でも書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

5月9日早朝の試合結果

第1試合 シングルマッチ
(ニシキスラッシャーさん)アンダーテイカー VS ショーン・マイケルズ(私)
 トゥームストンパイルドライバーでのピン

第2試合 シングルマッチ
(私)クリス・ジェリコ VS クリスチャン(ニシキスラッシャーさん)
 キルスイッチでのピン

第3試合 シングルマッチ
(私)ランディ・オートン VS トリプルH(ニシキスラッシャーさん)
 RKOでのピン




第1試合はアンダーテイカーとHBKというレッスルマニアと同じカード!

ただ、はじめはこのカードにするつもりではなかったので、
会場がレッスルマニアではありませんでした…。

さて、試合の方はかなり長い試合で、
こういう試合はだいたい途中からダレて、最後はグダグダになりやすいのですが、
この試合は終盤怒涛の展開で素晴らしい試合になりました。

試合開始からHBKはテイカーの腕に狙いを絞り、
腕ひしぎや鉄柱攻撃でテイカーの腕の破壊を狙います。

しかし、テイカーはショーンが攻撃するたびに、
その強烈な一発で試合をひっくり返します。

そして中盤に差し掛かった時、
不意にヘッドスプリングで起き上がったHBKは、
強烈なスイートチンミュージックを決める!
しかし、これで決着はならず。

そして、テイカーはラストライドでHBKをマットに沈めるが、
スリーカウントは奪えず。

その後、ダイビングエルボーをショーンは投下!
更にロープを掴みリズムをとると、
起き上がってきたテイカーに今日2度目のスイートチンミュージック!
決着がついたかに見えたが、テイカーは2.9カウントで返す!

そして、今度はテイカーがツームストン!
しかし、マイケルズもこれを返して見せる!

両者死闘によりフラフラとなるが気力で戦う。

試合はだんだんとテイカーが支配して行き、
テイカーはHBKの腕をとるとオールドスクール!
そして、首かっ切りのポーズ。
すると、なんと起き上がってきたショーンも首かっ切りのポーズを!

テイカーはショーンを持ち上げるとそのまま、ツームストンパイルドライバー!
そしてスリーカウントが入り、長い試合に終止符がうたれたのでした。

第2試合はジェリコとクリスチャンのカナディアンマン(非キン肉マンの弱小超人)対決!

この試合も素晴らしい試合になりました。

試合開始早々ジェリコはクリスチャンを張って、リング外にエスケープ。
それを追ってクリスチャンがリングを出ると、すぐにリングに戻り、
更に戻ってきたクリスチャンにすかさず攻撃し、序盤の主導権を握り、
姑息ながらも試合巧者ぶりを見せつける。

その後、試合は一進一退を見せ、リング外に落したジェリコめがけて、
クリスチャンがトップロープからクロスボディを敢行!

そして、リングに戻った二人。
リング上ではジェリコが倒れている。

ジェリコはおもむろに起き上がり、クリスチャンにコードブリーカー!
しかしスリーカウントはならず。

更に攻めるジェリコは、コーナーにもたれかかるクリスチャンにクローズライン。
さらにそこからブルドックで沈めると、片腕を上げ観客にアピールし、ライオンサルトへ!
さらにそこからウォールオブジェリコ!
クリスチャンのギブアップは目前という所で、
なんとジェリコはウォールを解除する。

まだ痛めつけ足りないらしく、頭をペシペシと張りながらクリスチャンを起こすと、
起き上がっても動けないクリスチャンの目の前で観客にアピール。

すると、クリスチャンが反撃を開始!

ドロップキックやコーナーでのカウンターのアクロバットキック(名前不明)等を決め、
更にキルスイッチ!そのままフォールしスリーカウント!

こうしてクリスチャンが試合を制したのでした。

時間がないので、この続きは後で追記します。
予定は17時から19時くらいの間です。ご了承ください。
(見てる人いるかわからんがw)

18時00分追記いたしました

第3試合はオートンとHHHのエヴォリューション師弟対決!
こちらもまた非常に素晴らしい試合となりました。

試合は全体的にオートンペース。

オートンは場外でDDT、さらにはロープを使ったDDTなど、
普段通りのベビーフェイスとは思えない闘い方を披露。

途中、HHHがオートンを叩きのめすが、突然跳ね起きたオートンは、
HHHの一瞬の隙をついてRKO!
しかし、これでは決着がつかない。

その後、再度HHHがペースをつかむと、
オートンをロープに振り、かえってきた所に強烈なスパインバスター!
そしてDXチョップを決めると、起こしたオートンにぺディグリー!
そのままカバー。が、スリーカウントは奪えない。

その後もHHHがペースを掴んでいたが、
オートンは独特のバックブリーカーで戦局を自分に引き戻す。
その後は、倒れ込んだトリプルHをストンプしまくるなど全く容赦のない展開。

そして、完全なオートンペースで試合は進んでいたが、
コーナーに振られたHHHはオートンをキックで迎撃、
そして珍しく自らコーナー最上段に登る。

そしてリングのオートンめがけてダイビング!
なんとオートンはそれをRKOで迎撃する!

トリプルHは完全に失神したようで、リングにノビている。
あとはオートンがフォールするだけなのだが、
オートンの怒りは収まらないようだ……。

失神するトリプルHを無理やり起こすと、なんとRKO!
更にもう一度引き起こし、またもRKO!!
そして、オートンはHHHに忍び寄り、
両の拳でマットを叩き、トリプルHが起き上がるのを待つ…。

最後の力か、レスラーとしての本能ゆえか、
気力を振り絞って起き上がってきたゲームに、トドメのRKO!
そして気がすんだのか、オートンはHHHをフォールし試合は終わったのでした。




昨日はものすごく速い時間に起きてしまい、
今日は学校があるというのに1時30分(夜中)に起きてしまいました。

でも学校では寝なかったぜ!

この3試合、どれもとても素晴らしい試合でした。
もしかするとニシキスラッシャーさんとは相性が良いのかも知れません。

あと、個人的にとても嬉しかったのは、
ジェリコとクリスチャンの試合の終了後、
ニシキさんから、「本物のようだった」と、最大級の賛辞をいただいた事です。

私にとって、否、このプロレスごっこをやる者全てにとって、
「本物のよう」は、最高の褒め言葉ではないでしょうか?

この言葉を励みに、更に精進してまいります!

ニシキスラッシャーさん、ありがとうございました!
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

「早朝」って・・・一体何時だったんだろう?
そして、あれからその時間までニシキさんは起きてたのだろうか(^^

ろっく@Mr.YAMAMOTO | URL | 2010年05月09日(Sun)23:29 [EDIT]


ろっくさん

朝5時くらいだったと記憶しておりますw
ニシキさんは今起きた所と言ってましたよ。

ここの所早く寝てしまって、皆さんと出来ないのが悔しいです。
今日こそは頑張って起きてるぞォー!

いりまめ | URL | 2010年05月10日(Mon)11:44 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。