いりまめ 『めもりい』

気になることがあったらどんどん書いていこうかと思っています。 アニメ・ゲームなどの軽いものから、 政治・ニュースなどの重いものまで何でも書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

9月25日の試合結果

第1試合 NODQシングルマッチ
(私)○クリス・ジェリコ vs ミック・フォーリー×(ニシキさん)
 丸めこみ

第2試合 シングルマッチ
(私)○ランディ・オートン vs 蝶野正洋×(ろっくさん)
 ハンティングRKO




SvR復帰戦第1試合は、ジェリコvsフォーリーのNODQマッチ。

ジェリコはノーマルに、フォーリーはハードコアに闘う。

試合中盤、執拗な頭部への攻撃がこたえたのか、
リング内でのDDTでジェリコが流血。

さらに場外では、実況席の上でミックがジェリコにパイルドライバー!
リングに戻すが決着はつかず。

その後、ジェリコはウォール・オブ・ジェリコを仕掛けるがタップは奪えず、
フォーリーもマンディブル・クローを仕掛けるが、ジェリコは2で返す。

両者は膠着状態に陥り、試合がなかなか決まらない。

すると、一瞬の隙をついたジェリコが丸めこむと、
そのまま3カウント!
試合は意外な幕切れとなったのだった。

第2試合はオートンvs蝶野。
怖い毒蛇vs怖い黒。

試合開始と同時に、いきなりオートンが得意の独特なバックブリーカー!
そのままカバーするが、蝶野は1で返す。

その後も両者慈悲の無い性格のよく出た展開に。

オートンが場外でDDTを繰り出せば、
蝶野は遠慮なしに顔面を蹴り飛ばす。

試合展開は互角だが、経験で勝る蝶野が要所要所を押さえ、
ロープを使ったDDTからオートンがRKOを狙えばそれを察知し、
DDTの体勢に捕らえられれば、逆に切り返す。
試合はだんだんと蝶野が支配して行く。

しかし、蝶野が一瞬の隙を見せると、
電光石火のRKO!
しかし、カウントは2。

すると、その一撃で火のついた蝶野が反撃を開始、
そしてトドメのシャイニングケンカキック!
しかし、これも2カウント。

その後、オートンがコーナー上からスーパープレックスを敢行!

リングに沈んだ蝶野を見ると、目つきが変わり、
リングを殴りつけるアピール!
そして、蝶野が起き上がってきた所でRKO!

そのままフォールし、オートンが勝利したのだった。




久しぶりのSvR、楽しませていただきました。

オートンとジェリコは、やっぱり使っていて楽しいです。
久しぶりだったのでいろいろと不安でしたが、
良い試合ができたんじゃないかと思います。

では、今回はこの辺で。


 ニシキさん
 ろっくさん

 ありがとうございました!
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

試合開始早々、オートンがフォールに来たので、やり返してみました(^^

こーゆーやりとり、お気に入りなんですよ。

ろっく@Mr.YAMAMOTO | URL | 2010年09月27日(Mon)22:07 [EDIT]


ろっくさん

試合開始前から狙ってましたw

私もこういうの大好きです。

いりまめ | URL | 2010年09月28日(Tue)16:57 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。