いりまめ 『めもりい』

気になることがあったらどんどん書いていこうかと思っています。 アニメ・ゲームなどの軽いものから、 政治・ニュースなどの重いものまで何でも書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

カスタムサントラ

ゲームは時代を追うごとに進化してきました。
グラフィック、サウンド、ボリューム・・・
現在のPS3、XBOX360、Wiiは、
当時のファミコンなどからは想像も出来なかったものでしょう。

進化とともに、様々な機能が搭載されるようになりました。
データのセーブ機能、通信機能、モーションセンサー、3D・・・

そんな進化の中でも私が特に気に入っているのが、この記事のタイトルにもなている、
『カスタムサウンドトラック』です。

このカスタムサウンドトラック(以下カスサン)は、
XBOX系のゲーム機に搭載されているのは有名ですが、
実はPS3にも搭載されています。

PS3のカスサン、知っていても使った事が無い、
使いたいけど購入したゲームにその機能が付いていない、
といった方がけっこう多いのではないかと思います。

そこで今回は、おススメのカスサン付きゲームを紹介したいと思います。


まず一つ目は、『バーンアウト パラダイス』です。

このゲームは、パラダイスシティという仮想の街を、車で走る(暴走する?)ゲームです。
裏道を探したり、スタントジャンプを決めたり、
レースをしたり、相手の車に体当たりしたりと、
けっこう自由度が高いです。

カスサンはゲーム中のBGM(カーオーディオ感覚?)で使用する事が可能です。
(あらかじめ適当なプレイリストを作っておきましょう)


二つ目は、『ショーン・ホワイト スノーボード』です。

内容は、雪山とゲレンデを滑る・・・これだけです。
細かく書けば、隠されたメダルを探したり、
ハーフパイプで勝負したり、レースをしたりもするのですが、
気がつくと延々と雪山を滑り続けてしまう中毒性があります。

こちらもBGMとしてカスサンが流せます。
ゲレンデで流れるような曲を流すとGOOD!
ただ、プレイリストの通りにしか音楽が流れず、
シャッフルしてランダムに聞けないのが唯一の難点か。


三つ目は、『Another Century's Episode:R』です。

ネット上では酷評されているこのゲームですが、
個人的には大好きです。
そして、その主な要因こそがカスタムサントラなのです。

ここまでに書いた2つのゲームは、BGMとして垂れ流すだけでした。
しかし、このA.C.E.Rでは、場面に応じて好きな曲が流せるのです!

どんな感じかと言うと、

冒頭
序盤
中盤
終盤
ボス1
ボス2

と言った感じに曲を流す場面を選ぶ事ができ、
たとえば私はスパロボのサントラの曲を集めて、
スパロボとJAMプロジェクト、
更に原作の曲(歌あり)を入れて、楽しんでいます。

音楽が違うと、ゲームがガラッと変わるものです・・・。

カスサンがしっかりと用意できる方は、
安くなるのを待ってから購入してみてはいかがでしょうか?
(すぐに値崩れすると思うので、少々待った方が吉)

手持ちのゲームではこんなところでしょうか?


11月にはグランツーリスモ5が発売されます。
このゲームもカスサン付きとの事なので、
恐らく購入すると思います。

カスタムサントラ、ゲーム音楽の作曲家さんには嫌な機能かもしれませんが、
これから発売されるゲームにどんどん搭載してほしい機能です。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。