いりまめ 『めもりい』

気になることがあったらどんどん書いていこうかと思っています。 アニメ・ゲームなどの軽いものから、 政治・ニュースなどの重いものまで何でも書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

いりまめのWWE式SvR講座その1

ろっくさんのブログをはじめ、様々な場所で開かれているSvR講座。
しかし、よく見てみると、WWE式に特化したものが無い事に気が付きました。

プロレスとひとくくりに言われていますが、
日本のストロングスタイル、メキシコのルチャリブレ、アメリカのショープロレスなど、
大まかに分けてもたくさんのスタイルがあります。
この『WWE式SvR講座』では、
「WWEっぽい試合をするにはどうしたらいいか」という事を書いていきたいと思います。
私自身まだ修行中の身ですが、書きながら学んでいければと思います。


その1では、タッグマッチについて書きたいと思います。

タッグマッチは様々な団体で行われますが、WWEのタッグマッチは少々特殊で、
毎週行われるTVショーなどで、タッグ屋以外(シングルプレイヤー)が、
急造タッグで華麗な連携を見せる事もしょっちゅうあり、
「熟練タッグだからこそなせる技」というのが(タッグ屋の連携の方がはるかに見事ですが)
少々薄くなっているきらいがあります。

ですので、連携技に関しては急造チームだからと言って
そんなに遠慮しなくても良いのがWWE式と言えるのではないでしょうか?

また、見事な連携を見せるのはヒールである事が多く、
長時間ベビーが捕まる⇒ベビーがやっとの思いで一撃を加える⇒両者ダウン⇒
⇒ベビーとヒールが同時にタッチ⇒タッチされたベビーが大爆発
という流れが中心となる事が多いです。
この流れは“ホットタッグ”で再現しやすくなっていますね。

そして、乱入の頻度。

相手の大技を味方が食らった際、フォールをカットするのはアリだと思いますが、
それをしょっちゅうやっていては試合の流れが悪くなりますし、
なによりフォールカットと言う行為の“重み”が無くなってしまいます。
また、タッグマッチでエプロンに控えている時はやる事が無くてヒマかもしれません。
しかし、だからと言ってしょっちゅう乱入したり相手のパートナーにちょっかいを出してしまうと、
やはり試合が荒れて、グダグダになったり締りが無くなってしまいます。

しかし、試合を決める時には乱入は必須と言っても良いでしょう。
では、どこで乱入するか?
乱入は試合の一番盛り上がる瞬間です。
ですから一試合に1~3回が理想的だと思います。

個人的には、
チームBの1チームAの1をカバー⇒チームAの2がフォールカット⇒
チームBの2Aの2を場外へ⇒Bの2が場外へ追撃orAの1Bの2を場外へ⇒
Aの1Bの1で試合を決める
と言う流れが一番きれいにまとまるかなと思います。

最後に全体をまとめますと、
連携は特に遠慮する必要はなく、ヒールはベビーを長時間捕らえる。
ベビーはそれから抜け出し(ホットタッグもアリ)、大爆発を見せる。
また、乱入は適度に“遠慮”し、試合が荒れないように注意する。
しかし、最後は混戦の中で試合を決めた方が自然になる。
(このためにも試合中の乱入はやはりほどほどに。)
と、言ったところでしょうか?


私ならこうするとか、ここはこうしたほうがいいとか、
何か質問がありましたら、コメント欄にお願い致します。
解り辛い文章ですが参考になれば幸いです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

タッグ自体やる機会が少ない上、
シングルとは違い4人の意思が混在するので
講座するにも中々難しいテーマですよね

ヒールが長時間ベビーを捕まえるWWE的展開も
流れの一つとして頭にあると試合展開がし易いかもしれませんね
ただ長時間一方的に攻撃するので
受ける側の理解がある程度必要ですが

タッグの締め方の一つとして相手に花を持たせるというやり方があります
相手チームのゲージが溜まったらホットタッグを使い
そこで敢えてボタンを押さずにいると自然と隙ができるので
そこから相手にフィニッシャーをかけて貰えば
綺麗に試合を終える事が出来ます
これはフレンドの人に教えて貰いました。

madao | URL | 2011年05月04日(Wed)01:17 [EDIT]


madaoさん

ホットタッグをわざと失敗するというのは良いですね!
2010はホットタッグがラグのせいでほとんど決まらなかったので、
そこから生まれたものなのでしょうか?

いりまめ | URL | 2011年05月04日(Wed)20:31 [EDIT]


>2010はホットタッグがラグのせいでほとんど決まらなかったので、
そこから生まれたものなのでしょうか?

そうですね。自分たちの間ではごく最近生まれたものだと思います
2010の時はとにかくラグが酷かったので、ここまで気が回りませんでしたね

こういった事を考えると2010よりラグが少なくなって繊細な動きができる分
ある意味これも2011の良い点だと思います。
欲を言えば通常技で丸め込みができれば、尚良かったですがw

madao | URL | 2011年05月04日(Wed)23:28 [EDIT]


タッグだと誰かが「いまから終盤ですよ」というきっかけの行動をとる必要がありますね。

いりまめさんの書いてくれた礼だと『チームBの2がAの2を場外へ』がなかなか難しいんですよね。

私の場合は、捕まっていて、大きく返して必死にタッチ、そのまま相手コーナーに走って行って場外へ道連れにして「さあ、決めてください」という感じにすることが多いです。
(わかりやすさを優先してます^^)

その後、リング上で決まらないようだったら、コーナーへ戻って「場外でやり合った、俺たちで決めさせてくれ!」みたいな感じでタッチを要求して、リングインした二人で決めてしまいます。

タッグは、シングル以上に「負ける」のが難しい場合があるので、逆に決めに行くことが多いです。

ろっく@Mr.YAMAMOTO | URL | 2011年05月05日(Thu)10:05 [EDIT]


はじめましてー
タッグや6人タッグは終盤に息合わせるのが難しいですね
基本はいりまめさんの書かれたような流れなんでしょうねやっぱ
http://www.youtube.com/watch?v=R0rAX0aGGMk
これはフレの人達との試合の動画なんだけど、
このときはフォールを待たずにハンセンが分断に行って
終盤へのスイッチを入れてますね

エントリに沿った話させてもらうと、
アメプロスタイルの場合は分断後にリング内の二人が
締めにちょっと苦労してる感じのときは
キャラによっては介入して不意打ちで大技食らわせて
終わらせるってのも手ですね
グロッキー技にRKO、G2S、スカルクラッシングフィナーレなんかがあれば
カッコよく試合終わらせられそう

誰かが捕まる展開ってのはアクセントにいいですよね
捕まえる側に回ったときは、相手を場外に放り出して
試合権の無い味方に攻撃してもらったり、
あとクイックタッチで部位攻撃したりして
あまり時間かけずに捕まえてる感を出すようにしてますw

お前名無しだろ | URL | 2011年05月05日(Thu)22:16 [EDIT]


madaoさん

ラグが無いおかげかどうかは解りませんが、
返し技がけっこう決まりやすいので、
双方の息が合えばリバースでの丸めこみ合いも可能!
・・・なのでしょうかw


ろっくさん

コンピュータ相手ではなく意志を持った人間なので、
意見が合う事も合わない事も・・・
それが面白いんですよね。
だからこそ決める時にはある程度の強引さが必要なんですがw


お前名無しだろさん

不意打ちで終わらせるのはヒールが良く似合いそうですね。
しかしRKOは万能だ。
あとはベビー側の待機している人がレフェリーをロープ越しに掴んで、
その隙にヒール側の待機している人がリングインして攻撃ってのもいいかな~と思いました。
相手との意思疎通が必要ですが。


早くPSN復活しないかな~

いりまめ | URL | 2011年05月06日(Fri)21:27 [EDIT]


実際にタッグ戦の終盤にあるパターンはほかにも幾つかありますね。(SVRのオンで使えるかは別ですが)

まず、使えそうなものから
いりまめさんの書いた例の分岐で
・Bの2がAの2を追い出したあと、Bの2人がAの1を攻撃
全員が場外へのダイブ技を持っている場合
・Aの2がいるサイドに、Bの2、Aの1、Bの1の順にダイブ→Aの1とBの1がリングに戻り試合を締める

使えないものだと
・エプロンでの凶器攻撃
誤爆は難しいですが可能
こんなところでしょうか。

コーナーに振られた後のリバーサルが苦手なtakohでした。
(使えることと使うことは違います)

takoh | URL | 2011年05月13日(Fri)22:57 [EDIT]


takohさん

ダイブ技良いですね。
WWEでもベビーフェイスが空襲をしているのは良く見ますね
(クリスチャンとかミステリオとかコフィとか)
惜しむらくは一人で二人以上に同時にダイブ技を決められない事でしょうか。
2012では二人以上を同時に攻める空襲技があっても面白いかもしれませんね。

って、なんだかタッグじゃなくてダイブ技の話になってますね(苦笑)

いりまめ | URL | 2011年05月14日(Sat)10:53 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。