いりまめ 『めもりい』

気になることがあったらどんどん書いていこうかと思っています。 アニメ・ゲームなどの軽いものから、 政治・ニュースなどの重いものまで何でも書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

選手と呼ぶべきか?

人を呼ぶときにはたいてい敬称をつけます。
○○さん、××君、□□様。こういった具合に。

プロレスラーの場合は、たいてい『○○選手』と呼ばれます(例・棚橋選手)
これは、プロレスはスポーツであり、プロレスラーはスポーツ選手であるという昔からの考えがあるためで、間違ってはいません。

しかし、私はWWEのスーパースターに『選手』という言葉を使うのに抵抗を感じています。

何故でしょう?

本来、“プロレス”というもの自体が、スポーツと演劇のはざまにあるもので、
スポーツ的思想の強い日本ならば、“演劇風のスポーツ”であると思うのですが、
あくまで“エンターテイメント”であるWWEでは、
“スポーツ風の演劇”というのが正しいように思えます。
日本ならばプロスポーツ選手、WWEならばアクション俳優といったところでしょうか?

双方ともに自分の仕事に誇りを持って、同じプロレスをしています。
ですが、その根底にあるものは違う。

日本のプロレスは黄金期に比べて(最近は復調しつつあるとも聞きますが)ずいぶん衰退し、
WWEは黄金期は過ぎましたが、世界的なエンターテイメントとなりました。

でも、その根底にあるものが違う限りこの二つを同じ天秤で測ることは出来ません。

今はWWEが成功し、日本が我慢の時期を過ごしていますが、
それは時代がWWEを選び、WWEが時代に合わせたからでしょう。

演劇風のスポーツと、スポーツ風の演劇。
5年、10年経ったとき、時代はどちらを選ぶのでしょうか・・・?



どちらが時代に合わせられるのでしょうか・・・?
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。