いりまめ 『めもりい』

気になることがあったらどんどん書いていこうかと思っています。 アニメ・ゲームなどの軽いものから、 政治・ニュースなどの重いものまで何でも書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

WWE'12での序盤の攻防

WWE'12では体力があるとダウンせずにすぐに起き上がる仕様があります。
これにより素早い展開は作りやすいのですが、じっくりした展開は難しくなっています。
そして、それと同時に攻守の切り替え(ターンの譲渡)が難しくなってしまいました。

2011までならば、フォール(カバー)という絶対的な手法が確立されていました。
しかし、それが今回使えないのです。
そこで、このWWE'12で有効と思われる序盤のターン譲渡の方法をいくつか挙げてみたいと思います。


1.ロープに振り、ダッキングなどを3回使って相手がロープで止まったところでドロップキックなどをわざと空振りする方法。
この方法は2011でもよく見受けられ、そしてWWE'12の新仕様でもかなり有効だと思われます。
難点としましては、一試合の中で何度もできないことでしょうか?

2.立ちからの関節技を使う
この方法も2011でよく見受けられました。
この方法の利点は一試合に数回使っても違和感がなく、また軽量級・重量級ともに使うことができる点でしょうか。

3.アピールをする
これは2011で私が良く使用した方法です。
基本的に使用できるのはヒールのみですが、ヒールが余裕をこいて反撃を受けるというよくある展開なので違和感はないかと思います。

また、これ以外にもWWE'12特有のものとして、攻撃を当てる⇒ダウンした方が起きたらすぐさま反撃というループによって軽量級でよく見かける畳み掛けるような素早い攻防が再現できます。
ただ、これに関しては相手との意思疎通が必要なので、ある程度慣れてからと言ったところでしょうか。
それにしてもアームドラッグの打ち合いから腕を極めるなどと言ったプロレスらしい動きが可能なのでかなり魅力的だと思います。

これ以外にも何かいい方法がありましたらコメント欄などにお願い致します。

また、最後になってしまいますがみらのさんの提唱してくださった、
「能力値を変更する」と言う方法をご紹介いたします。
ボンジョルノ♪「プロレスごっこをするためにて」
↑の記事のコメント欄にこれに対する意見を書いていただけると嬉しいです。

皆で話し合い、意見を交換し合って、より楽しいプロレスごっこライフを送りましょう!
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。