いりまめ 『めもりい』

気になることがあったらどんどん書いていこうかと思っています。 アニメ・ゲームなどの軽いものから、 政治・ニュースなどの重いものまで何でも書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

美しい国

『美しい国日本』を掲げる安倍総理大臣。
安倍総理のやっていることは、本当に日本を、『美しい国』にしているのだろうか?
今やっている事は、『汚れきった国日本』を作っているのではないだろうか?
政治家は、政党は、今、選挙に勝つ事だけを考えているのではないだろうか?
だいたい、政党というものは必要なのだろうか?

政党があるから強行採決がある。
もともと選挙では、国民の代表を選ぶはずだ。
もちろん、最初はどの政治家だって、きっと、大きな希望や理想を持っているはずだ。
しかし、人間、朱に染まれば赤くなる。
すばらしい理想を持った政治家も、周囲の先輩政治家達の影響を受ける。

所得隠し、汚職、横領、賄賂・・・
汚いことは儲かる。楽ができる。
そのような、甘い悪魔の誘惑。

すでにその悪魔に魂を売っている政治家が党の先輩なのだから、
高き志を持っていた新人も、やがて、悪魔の手に落ちる。

これは必然なのだろうか?
いや、この連鎖の原因を調べてみよう。
原因の大きなひとつに、『政党』がある。
政党という大きなグループの中にいるから、やがて悪に染まる。

しかし、厄介なもので、今の日本だと、政党が無ければ、政治ができない。
それに、国民全員が投票をするなんて事は無理に近いし、
一部の若者は投票にすら行かないだろう。

解決方法は無いのか?
残念ながら私には無い。

しかし、国民全員が投票するのが無理でも、国民全員が解決方法を考えることはできる。
国を作るのは政治家だけじゃない。
私たちにも考えることはできる。
今こそ政治について、もうちょっとだけ、考えるべきではないだろうか?
そして、本当の意味で日本を、『美しい国』だと、
世界中に胸を張っていえる日が来てほしいと、心の底から思う。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。