いりまめ 『めもりい』

気になることがあったらどんどん書いていこうかと思っています。 アニメ・ゲームなどの軽いものから、 政治・ニュースなどの重いものまで何でも書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

生と死の勇気

近年、自ら命を絶つ方が増えています。
命を絶つということは、通常の精神状態では出来ないことだと思われています。
しかし、私にはそうとは言い切れないと思います。

確かに、自殺をすることは、「死」というものを選ぶことであり、
それは普通に考えれば、おかしな事です。
しかし、人間は子供の頃から天国などの「あの世」のことや、
生まれ変わるというような「来世」のことを聞いて育ちます。
それによって、死後の世界があると言うことを、無意識のうちに信じ、
「死んでも次がある」と思うが故に、自ら死を選べるのでは無いでしょうか?

何故人間は、死後の世界という物を考えたのでしょうか?
その根本にあるのは、人間が初めて理性と知性を持ち合わせた生物だと言うことです。
人間は初めて死という物を意識することが出来るようになった生き物で、
それ故に、宗教などで死後の世界という物を信じなければ、
不安と恐怖で生きてゆけません。
だから宗教などの教えを信じたのでは無いでしょうか?
エセ宗教などは、そんな人間の心の脆さにつけ込んだ商売です。

その宗教などの「死後の教え」は、人間に生きる勇気をくれました。
しかし、それと同時に「死ぬ勇気」まで与えてしまったのでは無いでしょうか…?
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。